コレステロールを下げてくれる健康飲料は烏龍茶?

コレステロールを下げる食品に気を遣うのも大切ですが、同時に飲み物から上手にコレステロールをコントロールすることも食事制限のポイントとなります。
コレステロールを下げる効果のある飲料として烏龍茶が知られています。

烏龍茶には「ウーロン茶ポリフェノール」とよばれる成分が豊富に含まれており、強い抗酸化作用と吸着作用によって小腸に蓄積したLDLや脂質を体外に排出しやすくしてくれることがわかっています、
「ウーロン茶ポリフェノール」は化学的な構造としては結合したカテキンであり、茶葉を発酵させる過程で生成されたカテキンが変質してポリフェノールとなり、体にとっていろいろとプラスの影響をもたらしてくれます。

実は、ウーロン茶と緑茶はもともと同じ茶葉からつくられており、とれた茶葉をそのままのかたちで精製したものが緑茶、半分発酵させてから出荷したのがウーロン茶となります。
「ウーロン茶ポリフェノール」はこの発酵のプロセスにおいて大量に生成されると考えられており、緑茶よりもウーロン茶のほうが生活習慣病の予防効果が高いと言われているのも発酵という作用によるものなのです。
ちなみに、茶葉を完全に発酵させたものがプーアル茶であり、こちらのほうも脂肪燃焼効果が高く、動脈硬化などのリスクを下げてくれるとされています。

また、ウーロン茶には脂肪燃焼効果が期待されているため、生活習慣病のリスクが低い若い頃から継続的に飲んでおくことで血管の劣化をふせぐことにつながります。

ウーロン茶や緑茶とならんで生活習慣病の予防に効果があると言われる飲み物としては、麦茶が挙げられます。
麦茶にはカロリーがほとんどないという点ですぐれており、古くから植物性たんぱく質を主体とする食生活をつづけてきた日本人の体質にも合っているとして食事療法でも推奨されています。

緑茶を過剰摂取するとカテキンの成分によって歯の着色が見られたり、睡眠前に飲むとカフェインによって眠りが浅くなったりするなどのネガティブな影響が起きますので、緑茶だけに偏って飲みつづけるのではなく、麦茶やウーロン茶、杜仲茶などと組み合わせつつLDLのコントロールに努めましょう。

脂肪燃焼効果はありませんが、牛乳やココアには体を温めたり、胃の粘膜を保護したりしてくれる効果があるため、入眠前に飲むと心地よい眠りに落ちることができ、睡眠の質を高めることができます。
睡眠とLDLコントロールは一見すると無関係に思えるかもしれませんが、睡眠不足はストレスの源であり、質の良い睡眠を確保することで食欲もおさえやすくなることが知られています。

熊本の青汁はココが良い!

青汁を健康のために飲んでいる人も多いでしょう。熊本の青汁は、国産の葉から作られているので安心して飲むことができると青汁人気です。毎日の食卓に取り入れるもので、家族で飲む人も多いので、品質にはこだわって、信頼できるものを毎日口にしたいと考えている人も多いです。
熊本の青汁は、添加物が入っていなくて、栄養素も豊富に含まれています。桑の葉には、ビタミンC、ビタミンB1、マグネシウム、アミノ酸が豊富に含まれているので、毎日食品だけでは、補えない栄養素が豊富に含まれています。毎日の食卓に青汁をプラスするだけで、野菜不足の解消、便秘の解消、体調不良が改善される効果も期待出来て、家族で健康を目指すことができます。熊本の青汁は、苦みがないので、野菜嫌いの子供でも、毎日美味しく飲めると評判です。水に溶かして、ハチミツを加えても美味しく飲めます。ヨーグルトにかけて食べると、乳酸菌も豊富にとれるので、便秘の解消にもつながります。
熊本の青汁は、農薬を使わないで作っているので、毎日安心して続けて飲むことができます。気候に恵まれていて、美味しい水を使って、栽培した葉は、栄養価も高く新鮮なので、クセがなくスッキリとした味わいと評判です。
毎日の健康のために、家族みんなで飲むことで、美肌、便秘解消、生活習慣病の予防にもつながります。飲みやすいのは、新鮮な葉と、農薬を使わずに育てているためで、安心して子供や高齢の人でも飲むことができるので良いです。